入れ歯との違い

入れ歯との違い

もくじ


部分入れ歯

取り外し式の部分入れ歯は、ブリッジのように健康な歯を削らずに済みます。
しかし、不安定であるというデメリットがあります。
安定していないので、当然噛む力も弱くなります。さらに、違和感が強く、それによって肩こりや頭痛などを引き起こす方もいるといわれています。

総入れ歯

総入れ歯は、部分入れ歯より安定感が悪くなります。とくに下顎はさらに安定感が悪くなります。
食べ物の噛み心地や硬さなどが情報として伝わらないため、「食べる楽しみを失った」といわれています。
また顎の骨がやせてきたりして合わなくなると、新しい入れ歯を作りなおす必要があります。

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の数が少ない場合によく使われます。
取り外し式に比べれば安定していて、噛む力もある程度回復できるのが特長です。外見上も問題ありません。
しかし、ブリッジは人工歯を支える両隣の健康な歯を削り、大きな負担をかけることになりますので、負担をかけた歯が、今度は悪くなってくる可能性を否定できません。

入れ歯とブリッジの限界

入れ歯の場合は、安定感が悪くうまくしゃべれなかったり、食べ物が噛みにくかったり、3~5年位で買い換えるなどの問題が生じます。
ブリッジの場合は、義歯を取り付ける際、両隣の健康な歯を削らなければいけないなどの問題が生じてきます。
このように、従来では虫歯や歯周病などで歯を失うと、取り外しの入れ歯かブリッジを使用するしか選択はなく、入れ歯・ブリッジには限界がありましたが、インプラントの発展によってそれが克服されたのです。

インプラント治療の歩き方

エヌナノアフターシェイブジェル グラビアアイドル 薬用凌駕 口コミ 皇潤 トゥルースリーパー 口コミ ヘアーアイロン リアルラゾン クレア 口コミ
シトリス 皇潤 通販 口コミ効果 トゥルースリーパー 皇潤 二重 ヘアーアイロン