インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

もくじ


全身的・口腔内診査

何らかの精神疾患や糖尿病・腎不全・肝炎・心臓病・ぜんそく・リウマチ・骨粗鬆症・高血圧症などの持病がある場合には、インプラント治療は難しくなりますので、まずこれを確認します。
また、麻酔薬や抗生物質に対してアレルギー反応を起こさないなど、インプラント治療に不可欠な条件がそろっていることを確認しなければなりません。

口腔内診査で、「視診」「触診」ならびに各種検査器具を用いて、残された歯の状態、歯並び、噛み合わせの状態を確認します。
また、レントゲンを撮るなどして、十分な顎の骨の量と厚みがあるかどうか、くびれなどの形態はどうなっているかなど厳密に調べ、結果をよくみて使用する人工歯根の長さを決めることとなります。

口腔内模型の作製

口の中の型をとって石膏で模型を作り、顎の骨の状態、厚み歯肉の状態を調べます。
口腔内の形状を正確に把握するために、口のなかそっくりの模型をつくるのです。
石膏で患者さんの口の中をかたどった型を、咬合器という器械にはめ、顎の噛み合わせを再現します。
さらにこの模型があれば、患者さんがその場にいない時でも治療の計画を立てることができるので、何度も通院する必要がなくなるなど、とても役立ちます。

術後の口腔内予測

適切な補綴物を作るためには、どこにインプラントを埋入するかを検討します。
実際に口腔内模型に人工の歯をつけてみたりします。
この段階で上部構造の理想の形を決め、その上部構造を支えるためには、どこへどういう角度でインプラントを埋め込んだらよいか、計算します。
患者さんにとってもこの模型を見ることで、インプラント後の自分の歯の並びがどのようになるか一目で分かり、インプラント治療への理解がより深まります。

治療計画

治療計画を立てるに際して重要なことは、これまでの診査に基づき、自分自身のニーズに合った最良の治療を選択するということです。
たとえば歯周病が軽度の場合や重度の場合、噛み合わせのよい場合や悪い場合など、さまざまな状況があります。
同じ欠損状態でも、早く抜歯してインプラントで噛めるようにしたいと考える方もいれば、できるだけ自分の歯を残したいと考える方もいます。
このように自分のニーズをしっかり持ち、カウンセリング時に歯科医師へ的確に伝えることが大切になるのです。

インプラント治療の歩き方

エヌナノアフターシェイブジェル グラビアアイドル 薬用凌駕 口コミ 皇潤 トゥルースリーパー 口コミ ヘアーアイロン リアルラゾン クレア 口コミ
シトリス 皇潤 通販 口コミ効果 トゥルースリーパー 皇潤 二重 ヘアーアイロン