インプラント治療の進め方2

インプラント治療の進め方2

もくじ


アバットメントの連結

人工歯の土台を装着する処置は、まず粘膜から埋まっている人工歯根の頭を出します。
人工歯根を植え込む処置をする際にはめておいたカバーをはずして、人工の歯を接続するためのアバットメントという土台を取り付けることになります。

術後、確認のためレントゲンを撮ります。
また、インプラントがしっかりと骨に固定されているかも確認します。
最後に傷口を縫い合わせます。抜糸は約1週間後で、さらに1週間後に補綴治療に移ることになります。

人工歯の型取り

人工歯の型取りは、インプラント治療の最終ステップになります。これこそ永久歯を失った後の「第3の歯」として長くつきあっていくものです。
長期間にわたる使用を前提としているため、できる限り自分の歯に近いものを作ることが大切です。
したがって、きわめて慎重に精密な型取りをすることが重要となってきます。

歯には、噛み合わせという非常に重要なポイントがあります。
型にしたがって作られた人工歯の噛み合わせ具合、歯並びや色、形といった外見的な要素もじっくりと検討し、すべての要素について満足が得られるように、医師と相談しながら「第3の歯」を作り上げていくのです。

インプラント治療の歩き方

エヌナノアフターシェイブジェル グラビアアイドル 薬用凌駕 口コミ 皇潤 トゥルースリーパー 口コミ ヘアーアイロン リアルラゾン クレア 口コミ
シトリス 皇潤 通販 口コミ効果 トゥルースリーパー 皇潤 二重 ヘアーアイロン