インプラント周囲炎

インプラント周囲炎

もくじ


インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎とは、歯槽膿漏に似た病気のことで、付着したプラークを放置しておくと、インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。
人工物であるインプラントには神経が通っていませんので、初期の段階での自覚症状がない場合があります。よって、かなり状態が進行しなければ気付かないかもしれません。
これが進行すると歯槽骨まで炎症が及び骨吸収が起きるという、インプラント治療を受けた患者さんにとっては最も恐るべき大敵がこの病気なのです。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎の原因の第一にあげられるのは細菌感染によるものです。
インプラントにプラークや歯石がついてしまい、放っておくと、そこが細菌のすみかになってしまい、インプラント周囲炎を誘発します。
これは口腔のケアが十分に行なわれていないことにより起こります。

次にあげられる原因が「力学的要因」です。
分かりやすくいうと、その人独特の噛み方や噛み合わせる力のことを言います。
この「癖」がインプラントにとって過大な負荷となっていると、この負荷が人工歯根にも衝撃的に伝わることで、インプラント周囲炎の引き金になると考えられています。

インプラント周囲炎の治療

インプラント周囲炎の治療は、原因に応じた対策が必要になってきます。
感染が原因の場合は、プラーク・コントロールにより、炎症を起こしたプラークなどを徹底的に除去しなければなりません。
しかし、感染がインプラント周囲溝深くまで進行している場合は、外科的な方法を組み合わせて治療にあたりことになります。

こういうことになる前に、予防法として、定期健診をきちんと受け、歯磨きを怠らないようにすることが大切です。

インプラント治療の歩き方

エヌナノアフターシェイブジェル グラビアアイドル 薬用凌駕 口コミ 皇潤 トゥルースリーパー 口コミ ヘアーアイロン リアルラゾン クレア 口コミ
シトリス 皇潤 通販 口コミ効果 トゥルースリーパー 皇潤 二重 ヘアーアイロン