インプラント治療FAQ3

インプラント治療FAQ3

もくじ


すぐに治療できるの?

インプラント治療は、通院開始後すぐに治療を行うことはありません。
虫歯や歯周病があるときは、その治療をすべて終えてから、インプラント治療を行います。
また、口のなかだけではなく、血液検査、血圧検査など、全身の健康状態を調べなければなりません。いろいろな検査を終了して、インプラント治療の妨げになる病気などがなければ、綿密な治療計画を立てて、治療に入ることになります。

インプラント治療は、どこの歯科医院でもできるの?

インプラント治療は、どの歯科医院でもできるという訳ではありません。
インプラントは、神経を避けて骨に穴をあけたりする非常に高度な技術を要する治療なのです。それにも関わらず、日本国内ではインプラントを学ぶ場は非常に少ないのが現状です。
日本の歯科医院のうち、インプラント治療を行なっているのは、2~3%程度だと言われています。
インプラント学会認定医を載せましたので、この機会にお近くのインプラント治療可能な歯科医院をお探ししてみてはいかがでしょうか。

近郊にインプラント治療可能な歯科医院がない!

都市部ではなんとかインプラント治療可能な歯科医院を見つけることはそれほど困難ではありませんが、地方になりますと極端にインプラント治療可能な歯科医院が少なくなります。
こういう場合は、遠距離治療になるわけですが、片道だけでも何時間もかかるような患者さんの治療についても、カウンセリング時にしっかりと計画を立てて、10回ほどの通院で治療を完成させた方が何人もおられます。
インプラント治療は時間がかかり過ぎる、という意見も多いのですが、期間が長いということは、逆に考えれば予定や計画が立てやすくなり、遠くからでも通院しやすいということも言えるのです。

インプラント治療後の食事

インプラント治療後の食事については、総インプラントの方は、歯肉の傷を守る意味でも、治療後2週間は入れ歯を使わずに、舌でつぶせるくらいのやわらかいものを食べなければならないのが少し不自由です。
天然歯が残っていて、そのなかにインプラントを数本入れただけの方は、よほど硬いものを食べない限りこれまで通りの食事で大丈夫です。
特に治療期間の数ヶ月間は、骨の形成を助けるためにもカルシウムの多いミルクや魚を多く摂取するように心がけることも大事です。

インプラント治療後のケア

インプラントを埋め込んだ後のケアは、日々の正しいブラッシングと、定期健診が大切になります。
インプラントを埋め込んだ顎の骨も年齢と共に変化します。定期的に歯科医院に通い、噛み合わせなどの調節をする必要があります。
定期健診はインプラント治療終了後、まず1~2週間後に行い、ネジの締まり具合や歯ぐきの状態、噛み合わせなどを確認します。
その後は6週間後、6ヵ月後、12ヵ月後、24ヵ月後と経過を診ながら決めることになります。

普段の手入れの方法は、基本的には自分の他の歯と同じです。
むしろ天然の歯に比べて複雑な形はしていないので、歯垢もつきにくく簡単です。しかし、どんなに上手に歯ブラシを使える人でも、汚れ全体の70パーセントも落とせればよいほう、と言われていますので、それ以上のプラークコントロールが必要になってくるのです。

インプラント治療後の噛み具合

インプラント治療後は、天然歯で噛めるものは何でも噛めるようにると言われています。これは人工歯根を顎の骨に埋入して、完全に固定しているからです。
噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、食べることに関してはまったく問題がないと言えるでしょう。

インプラント治療の歩き方

エヌナノアフターシェイブジェル グラビアアイドル 薬用凌駕 口コミ 皇潤 トゥルースリーパー 口コミ ヘアーアイロン リアルラゾン クレア 口コミ
シトリス 皇潤 通販 口コミ効果 トゥルースリーパー 皇潤 二重 ヘアーアイロン